So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2016秋ドラマ 感想・あらすじ 目次 (逃げ恥・校閲・他) [ドラマ]

2016年、秋のドラマより
注目のドラマ、

「逃げるは恥だが役に立つ」

「地味にスゴイ!校閲ガール」

「カインとアベル」


1話から全話のあらすじ・感想を書いています


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★★「逃げるは恥だが役に立つ」★★  

海野つなみによる 日本の漫画作品。

新垣結衣・星野源主演

夫=雇用主・妻=従業員という「契約結婚」をする男女の物語。


はーと.PNG

⇒2016秋ドラマ新垣結衣主演


⇒新垣結衣 ドラマ 2016 逃げ恥


1⇒逃げるは恥だが 第1話あらすじ・感想


⇒逃げ恥1~3話 アメリカ人に感想を聞きました


⇒ドラマ逃げ恥第1話より英語を学ぶⅠ

⇒ドラマ逃げ恥第1話より英語を学ぶⅡ


ドラマ逃げ恥第1話より英語を学ぶⅢ 


2⇒逃げるは恥だが 第2話あらすじ・感想


⇒ドラマ逃げ恥第2話より英語を学ぶⅠ


⇒ドラマ逃げ恥第2話より英語を学ぶⅡ


3⇒逃げるは恥だが 第3話あらすじ・感想


⇒逃げるは恥だが 名場面・名言1~3話


⇒逃げ恥第3話より英語を学ぶⅠ


4⇒逃げるは恥だが 第4話 あらすじ・感想


⇒逃げ恥 第4話 名言・名場面

⇒ドラマ逃げ恥第4話より英語を学ぶⅠ


⇒逃げ恥第4話より英語を学ぶⅡ


5⇒逃げ恥 第5話 あらすじ・感想


⇒逃げ恥 第5話 名言・名場面


⇒第5話より英語を学びたい方はこちらクリック


6⇒逃げ恥 第6話 あらすじ・感想    


⇒逃げ恥 第6話 名言・名場面

⇒逃げ恥第6話より英語を学ぶ・こちらクリック


7⇒逃げ恥 第7話 あらすじ・感想


⇒逃げ恥 第7話 名場面・名言 ベストテン登場


⇒逃げ恥第7話より英語を学ぶ


8⇒逃げ恥 第8話 あらすじ・感想


⇒逃げ恥 第8話 名言・名場面


⇒ドラマ逃げ恥8話より英語を学ぶ 


9⇒逃げ恥 第9話 あらすじ・感想


⇒逃げ恥 第9話 名言名場面 

⇒第9話より英語を学ぶはこちらクリック



10  ⇒逃げ恥 第10話あらすじ・感想


⇒逃げ恥 第10話 名言・名場面


⇒10話より英語を学ぶはこちらクリック


11 ⇒逃げ恥 最終回11話 あらすじ・感想


⇒逃げ恥 最終回 名場面・名言


⇒11話(最終回)より英語を学ぶはこちらクリック


スポンサーリンク


↓↓楽ではないですが確実に稼げます↓↓
http://doragoram.com/ad/4115/625550


↓↓漫画逃げ恥・校閲ガールを読みたくなってきた方はこちらをどうぞ↓↓





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★★「地味にスゴイ!校閲ガール」★★

石原さとみ主演

ファッション誌編集者にあこがれ、出版社に入社するも

校閲部という地味な部署に配属された主人公。

校閲部という仕事の枠を超え、

ド派手なことをやらかしてくれるというお話


え20151120_00.jpg

 ⇒石原さとみ ドラマ 校閲ガール


⇒校閲ガール ドラマ 第1話 あらすじ感想


⇒校閲ガール ドラマ 第2話 あらすじ感想


⇒校閲ガール ドラマ 第3話 あらすじ感想


⇒校閲ガール ドラマ 第4話 あらすじ感想


⇒校閲ガール 名場面・名言 1~4話


⇒校閲ガール 第5話 あらすじ・感想



⇒校閲ガール第5話 名言・名場面



⇒校閲ガール第6話 あらすじ・感想


⇒校閲ガール 第6話 名言・名場面


⇒校閲ガール 第7話 あらすじ・感想



⇒校閲ガール 第7話 名言・名場面


⇒校閲ガール 第8話 あらすじ・感想 

⇒校閲ガール 第8話 名言・名場面 



⇒校閲ガール 第9話 あらすじ・感想


⇒校閲ガール 第9話 名言名場面


⇒校閲ガール 第10話(最終回)あらすじ・感想

⇒校閲ガール 第10話(最終回)名言名場面


アンケートモニター登録


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


★★「カインとアベル」★★


山田涼介主演

優秀な兄に劣等感を持つ弟。

父親に溺愛される兄、好きな女性が兄の恋人

会社でも居場所のない主人公・・

そんな主人公が一人前の男として成長していく様子を

描いたドラマ


カイン.PNG


10月ドラマ 山田涼介 2016


⇒カインとアベル 第1話 あらすじ・感想


⇒カインとアベル 第2話 あらすじ・感想


⇒カインとアベル 第3話 あらすじ・感想

⇒カインとアベル 第4話 あらすじ・感想


⇒カインとアベル 第5話 あらすじ・感想


⇒カインとアベル 第6話 あらすじ・感想

⇒カインとアベル 第7話 あらすじ・感想

⇒カインとアベル 第8話 あらすじ・感想


⇒カインとアベル 第9話 あらすじ・感想


⇒カインとアベル 最終回 あらすじ・感想

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

⇒2017冬ドラマ 目次はこちら

ドラマ 2017 夏 おすすめ5作 あらすじ・感想 [ドラマ]

2017年7月より

スタートのドラマのうち、
下記の5作の
あらすじ・感想を
毎週書いていきます

①ウチの夫は仕事ができない

②ごめん、愛してる

③コード・ブルー

④僕たちがやりました

⑤黒革の手帳

~~~~~~~~~~~~~

drama.PNG


①ウチの夫は仕事ができない

錦戸亮主演

仕事ができる理想の夫と
結婚したと思ったら
実は仕事ができない夫だった・・!

「できる夫」を目指して
夫婦二人三脚で奮闘する
お仕事ホームドラマ


夫は仕事ができない 第1話あらすじ・感想こちらクリック

夫は仕事ができない第2話あらすじ・感想こちらクリック


夫は仕事ができない弟3話あらすじ・感想こちらクリック


夫は仕事ができない第4話あらすじ・感想こちらクリック

夫は仕事ができない第5話あらすじ・感想こちらクリック

夫は仕事ができない第6話あらすじ・感想こちらクリック


②ごめん、愛してる


長瀬智也主演

韓国で2004年に
放映されたテレビドラマの
リメイク版

私が最初に見た韓国ドラマは
どろどろしていて
悲しい結末だったので

それ以来韓国ドラマは
見てませんでした。

このドラマも
悲しい結末と聞いたので
本当は見たくないのですが

韓国でヒットしたということで
娘が録画すると言い出したので
私も半ば仕方なく
見ることにしました。

できるなら、
日本版はハッピーエンドに
してくれないかな~・・

ごめん、愛してる 第1話あらすじ・感想こちらクリック

ごめん 愛してる 弟2話あらすじ・感想こちらクリック

ごめん 愛してる 第3話あらすじ・感想こちらクリック


ごめん愛してる 第4話あらすじ・感想こちらクリック


ごめん愛してる 第5話あらすじ・感想こちらクリック


スポンサーリンク



③コード・ブルー

山下智久主演

2008年7月、ドクタドクターヘリを
テーマに取り上げたドラマ

個人的には逃げ恥の
新垣結衣ちゃんが
見られるので嬉しいです!

ゲスト出演でチョイ役でもいいので
星野源さん、出てくれないかな~(笑)


コードブルー第1話あらすじ・感想こちらクリック


コードブルー第2話あらすじ・感想こちらクリック


コードブルー第3話あらすじ・感想こちらクリック


コードブルー第4話あらすじ・感想こちらクリック

コードブルー第5話 あらすじ・感想こちらクリック


④僕たちがやりました



窪田正孝主演

普通の男子高校生たちが、
軽い気持ちで喧嘩相手に
復讐をしようとするのだが
大爆破事件になってしまい
逃亡生活が始まる

逃亡する中で
自分の生きる道を
模索していく青春サスペンス

僕たちがやりました第1話あらすじ・感想こちらクリック

僕たちがやりました 第2話あらすじ・感想こちらクリック

僕たちがやりました 第3話あらすじ・感想こちらクリック


僕たちがやりました 第4話あらすじ・感想こちらクリック


僕たちがやりました 第5話あらすじ・感想こちらクリック


⑤黒革の手帳


武井咲主演

松本清張の長編小説。

地味な女性銀行員が
銀行の金を横領し、
銀座にクラブを
オープンさせる

武井咲の悪女ぶりは
イメージできませんが
それだけに楽しみなドラマでも
あります


黒革の手帳第1話あらすじ・感想こちらクリック



黒革の手帳第2話あらすじ・感想こちらクリック


黒革の手帳第3話あらすじ・感想こちらクリック

黒革の手帳第4話あらすじ・感想こちらクリック

黒革の手帳 第5話あらすじ・感想こちらクリック

⇒2017年4月ドラマはこちらクリック

黒革の手帖 あらすじ 5話  橋田を脅迫 [ドラマ]

2017年7月20日・木 21時より

武井咲主演

『黒革の手帳』が始まりました

不朽の名作『黒革の手帖』で
松本清張の長編小説


真面目な派遣銀行員が
一億8千万円を横領し、
銀座のクラブのママに転身した悪女を
武井咲が演じます

drama.PNG


毎週1話ずつあらすじ・感想を

書いていきます


 ~~~ キャスト~~~

原口元子(武井咲)
東林銀行の元派遣銀行員。
銀行のお金を横領し、
銀座にクラブをオープンさせる

安島富夫( 江口洋介)
衆議院議員秘書

山田波子( 仲里依紗)
東林銀行世田谷北支店で
派遣社員として勤務
元子に誘われホステスになる

村井 亨(滝藤賢一)
東林銀行世田谷北支店の次長

牧野(和田正人)
元子が通う銀座の美容室の
“オネエ”店長。

岩村叡子(真矢ミキ)
元子が働いていたクラブ『燭台』のママ

橋田常雄(高嶋政伸)
大手予備校『上星ゼミナール』の理事長
巨額の利益を借名口座に預金している

中岡市子(高畑淳子)
楢林クリニック看護師長で
院長である楢林の愛人

楢林謙治 (奥田瑛二)
楢林クリニック院長
コツコツ裏金を貯めて成り上がった

長谷川庄治(伊東四朗)
政財界の黒幕
安島の父親代わりの後援者

黒.PNG

前回(8月10日・木)あらすじ

​高級クラブ「ルダン」を
手に入れるため
元子は橋田理事長から
お金を巻き上げることを考える

料亭「梅村」で
橋田に襲われそうになった元子を
仲居の島崎すみ江(内藤理沙)が
裏口から逃がしてくれた

元子はすみ江を
ホステスとして雇い
利用することにする

すみ江は
「裏口入学紹介リスト」情報を
橋田から盗み出し、元子に渡す


スポンサーリンク



第5話(8月17日・木)あらすじ

★クラブ「カルネ」にやってきた橋田は
すみ江を指名した。

仲良くなっている2人を見て
気になる元子

★元大臣の未亡人・若槻貴子の
スキャンダルがテレビや週刊誌に
報道される

安島の選挙事務所は
騒然とするが
安島は落ち着いた様子だった

★「ルダン」のオーナーが
長谷川であること、
3億円で売りに出されること、
を知った元子

さらに橋田が料亭「梅村」を
2億円で購入したことも
確認した

1億でカルネを売り、
2億の梅村を橋田から
ただ同然で奪い、
3億でルダンを購入するという
計画を実行に移す元子

★元子は橋田と会う

借名口座の口座名と
金額を読み上げ、
さらに裏口入学者リストを
橋田に見せ、
脅迫する

橋田は仕方なく
元子の条件をのみ
契約書にサインをする

★元子は帰り道、
叡子ママに会う。
元子が依然勤めていた
クラブのママだ

喫茶店で話をするが
元子が「若い方がいい」
などと叡子ママが
不快になることを言ったため
叡子ママはわざと水を
元子にかける

★元子は長谷川に会いに行くと
安島のそこにいた。

安島の前で元子は長谷川に
ルダンを売ってほしいと
お願いする

安島はびっくりする

3億円で手付けは5千万円
半月後、2億5千万円払えなかったら
5千万円上乗せして
1億円の違約金を払う

という条件を
承諾する元子。

安島は考えたほうがいいと言うが
元子は聞く耳を持たない

元子が帰った後、
長谷川は元子のことを
調べ始める


★元子はさっそく梅村を
売りに出す。

その帰り、橋田とすみ江が
タクシーに乗り込むところを
目撃するが・・

再度、安島から
長谷川は危険な人物だから
ルダンの購入は
やめたほうがいいと
忠告を受ける元子だが

「選挙に当選したら
お祝いはルダンで」

と言って忠告を
聞こうとしなかった


★元子がルダンを
購入することを長谷川から
聞いた叡子ママは
びっくりする

アンケートモニター登録


感想

★仲居のすみ江は
なんだか最初から
怪しいと思ってました

橋田と仲良くなってしまいましたね

すみ江と橋田が
タックルを組んだら
怖いかもしれません。

橋田の逆襲があるのでは・・?

今まで波子にも
裏切られたことあるのですから
もう少し慎重になるべきですね


★元子は敵を
どんどん作っていきますが
味方を増やす努力も
すればいいのに・・
って思いました

叡子ママにも
わざわざ怒らせるようなことを
言ってます。
何のために・・?


頭が良いのか悪いのか・・


★元子を応援するつもりは
ないのですが、
波子だけには
負けてほしくないなって
個人的には思います。

なんかああいう奴は好かんです
いくら相手が悪女の元子でも
世話になっておきながら
あんな裏切り方をするのは
だめでしょ。

元子より嫌いです

★来週の6話では
今まで登場してきた人達が
総勢で襲い掛かってきそうな
雰囲気ですよね。

怖いけど、どうなるのか
楽しみです

次回(8月24日・木)予告 

元子は長谷川から
クラブ「ルダン」を
買い取る契約を交わした

全て順調かのように思えたが・・

中岡に楢林の5千万円を
返すよう迫られる

そして村井が・・
楢林が・・
橋田が・・
波子が・・

私は破滅などしない、絶対!
と強がる元子だが
果たして・・!?

2017夏ドラマ目次はこちらクリック






nice!(0)  コメント(0) 

窪田正孝 ドラマ 2017 7月 僕やり・第5話感想 [ドラマ]

2017年7月18日・火 21時より

窪田正孝主演

『僕たちがやりました』が始まりました

drama.PNG

普通の若者達の
青春逃亡サスペンス。

普通の高校生が爆破容疑者となり
逃亡するというはらはらしそうな
ドラマです

毎週1話ずつあらすじ・感想を

書いていきます


 ~~~ キャスト~~~

増渕トビオ(窪田正孝)
凡下高校に通ういまどきの高校2年生
幼馴染みの蓮子(永野芽郁)のことが気になっている


蒼川蓮子(永野芽郁)
トビオの幼馴染み
トビオに好意を持っている

三浦 由佳(岡崎紗絵)
蓮子の親友で凡下高校の同級生。
矢波高校の不良・有原と付き合っている。

丸山友貴(葉山奨之)
トビオの遊び仲間四人組の1人で
凡下の高校生。
きのこカットのヘアスタイルが
トレードマーク。
ニックネームはマル

伊佐美 翔(間宮祥太朗)
トビオの遊び仲間四人組の1人で
凡下の高校生。
イケメンでお調子者で女好き。
後輩の今宵と付き合っている。

小坂秀郎(今野浩喜)
凡下高校のOBで
トビオの遊び仲間四人組の1人
裕福な家庭に育つ
ニックネームはパイセン

新里 今宵(川栄李奈)
凡下高校一年生。トビオたちの後輩。
伊佐美と付き合っている。

立花菜摘(水川あさみ)
凡下高校の英語教師
トビオたちの担任
美人で優しく、生徒思い。

飯室 成男(三浦翔平)
所轄刑事で凡下高校地域を担当。
冷酷で捜査手段もかなり強引

市橋 哲人(新田真剣佑)
矢波高校2年生
数々の事件を起こしていることから
警察にマークされている。

輪島宗十郎(古田新太)
裏社会を取り仕切っている謎の人物。

西塚智広(板尾創路)
裏社会で暗黙する悪徳弁護士。
輪島の弁護をしている。

前回(8月8日・火)あらすじ

トビオに会いたいという蓮子と
待ち合わせたが
行ってみると
蓮子は警察と一緒にいた


矢波高の教師・熊野が
犯人と確信したトビオを伊佐美は
熊野のアパートに忍び込む

パソコン内にあったビデオを見ると
パイセンが逃げるとき、
爆弾を蹴ってしまい、
それがプロパンガスの近くに
転がっていく様子が映っていた

犯人が自分達と知って
ショックを受ける二人


スポンサーリンク



第5話(8月15日・火)あらすじ

★トビオはホームレスに
襲われ、ヤラれそうになるが・・

ふと蓮子を思い出し、
泣き出してしまう

やらせてくれと言って
ふいに襲った時、
こんな気持ちだったのかと思うと
会って謝りたいと思った

ホームレスは
「会いたいなら
会いに行けばいい」
といい、
トビオは逃げ出した

★蓮子は市橋の車椅子
押していた
2人はトビオを見つけ
蓮子はトビオを
追いかける

トビオは逃げる
トビオは市橋と蓮子が
一緒にいたことで
2人の仲を疑う

蓮子はトビオが
逃げたことで
ショックを受ける
逃げたってことは
犯人なのか・・?

★トビオは今宵と
ばったり出会う
思わず今宵を
抱きしめるトビオ

そのまま今宵の家に行き
ベッドイン

次の朝、今宵は
朝食を作ってくれた

★マルは伊佐美に電話し、
警察が来ない場所・
熱海に行こうと誘う

マルは
トビオと伊佐美と三人で
熱海にマンションを買うつもりと
伊佐美に説明
伊佐美はそれを信じる

しかし、伊佐美は
マルにもらったお弁当を食べて
おなかが痛くなり、
トイレに行ってるスキに
マルは伊佐美のお金を
持って逃げようとする

しかし、マルも
外国人に騙されて
お金を取られてしまった

マルに下剤を飲まされた上、
外国人にお金を取られたと
知った伊佐美は怒り心頭

マルはトリオのお金を
全てキャバクラで
使い果たしてしまったことを
伊佐美に告白する

マルは開き直り、

「助けてくれなんて
頼んでない。
爆弾を仕掛けたのは
お前らだ
俺は被害者だ」

と悪びれる様子がない


★市橋は元手下に
いじめられるようになる

「矢波高のてっぺん
やっていいっすか?」

「あんたもう終わってんだよ」

そして彼らは蓮子と市橋が
仲良くしているのを見て
蓮子を犯そうと考える

蓮子を捕まえ
市橋の前で
犯そうとするが・・

市橋は元手下に
突きつけられたナイフを
自分の胸に思い切り突き刺す

血が滴り落ち・・
動揺した元手下達は
逃げていった。

病院に運ばれる市橋

なんとか一命を取り留める
市橋には両親がおらず
おばあちゃんが
お見舞いに来ていた

「俺が死んだら
ばあちゃんぐらいしか
悲しまない」
という市橋に

「私が悲しむ」
という蓮子だっが

市橋は蓮子にキスする

★真犯人が現れ、
パイセンは釈放
と言うニュースが飛び込んだ

トビオは釈放されたパイセンと
再会を喜び合う

★警官の飯室は菜摘に

「あなたですね。
真犯人の嘘の証言をしたのは」

と言うが

菜摘は
「嘘なんていってません」
と言って去っていった

その後、弁護士・西塚が
菜摘に「お金」の入った封筒
手渡していた・・

アンケートモニター登録


感想

★菜摘は何をしたのでしょう?

気になりますね

前回の話で
菜摘が警察に
パイセンの両親のことを
聞くシーンがありましたが、
その辺は関係してくるでしょうかね?

確か、飯室は

戸籍では母親のみとなっている
それに随分前に他界している

と言ってましたが・・


輪島はパイセンの
父親なのでしょうが、
なぜ、連絡を
取り合ってないのでしょうかね?

★市橋は両親の顔を
見たことなく
おばあちゃんに
育てられたようですね

市橋は蓮子に

「変わらず接してくれるのは
お前だけだ。ありがとな」

と言ってますが、
元気だった頃の市橋は
ヤンキーで怖かったはず

接し方は替わったはず(笑)
昔より今のほうが
いい奴ジャン。

★マルは伊佐美まで
騙そうとします
マルを見てると
腹が立ちます

友達いないくせに・・
トビオ達に
助けてもらったくせに・・

何か、マルに
天罰が下るといいなって
密かに願ってます

次回(8月22日・火)予告

真犯人が現れ、
パイセンは釈放される

伊佐美、トビオ、マル、パイセンは
再び4人で集まる

そんな時
パイセンは菜摘に
デートに誘われる
菜摘はなぜパイセンと
会うことにしたのか・・?!

2017夏ドラマ目次はこちらクリック



nice!(0)  コメント(0) 

コードブルー3・  5話ネタバレ 感想 [ドラマ]

2017年7月17日・月 21時より

山下智久主演

『コード・ブルー』が始まりました

drama.PNG

2008年7月、日本初にして唯一の
ドクターヘリをテーマに
取り上げたドラマ

復帰を待ち望んでた人も
多いのではないでしょうか。

楽しみですね


毎週1話ずつあらすじ・感想を

書いていきます


 ~~~ キャスト~~~

< span style="color:#0000FF;">藍沢耕作(山下智久)
救命救急で勤務の後、脳外科医となる


白石恵(新垣結衣)
救命救急センターのチームリーダーとして勤務


緋山美帆子(戸田恵梨香)
以前救命救急センターで勤務していたが
産科医になる。人手不足の救命救急センターに
再び戻ってくる

藤川一男(浅利陽介)
整形外科専門の救命医として
救命救急センターに勤務

冴島はるか(比嘉愛未)
誰からも信頼されているフライトナース

名取颯馬(有岡大貴)
フライトドクターを目指すフェロー
名取総合病院の経営者の息子
やる気が全く感じられない

灰谷俊平(成田凌)
フライトドクターを目指すフェロー
自信がなくいつもおどおどしている

横峰あかり(新木優子)
フライトドクターを目指すフェロー
明るく素直だが
考えが甘く、熱心に
取り組んでるように見えない

西条章(杉本哲太)
優秀な脳外科医

新海弘紀(安藤政信)
脳外科医 藍沢のライバル


橘啓輔(椎名桔平)
救命救急部部長
息子のことで問題を抱えている

三井環奈(りょう)
フライトドクター
橘啓輔の妻
息子のことで問題を抱えている


前回(8月7日・月)あらすじ

★ドクターヘリの要請が来る

河川敷でバーベキュー中
ボンベが爆発
男の子の首には
なんと串が刺さっていた

★一方、橘の息子・優輔が急変する。
優輔は吐血している
橘は処置室に息子を運ぶ。

★緋山は患者の料理人・
緒方と話しているうちに
彼のことが気になり始める

しかし、彼には
奥さんがいた・・


★天才ピアニスト天野奏は
藍沢の説得により
手術を決意するが・・

奏の容態が急変する

アンケートモニター登録


第5話(8月15日・日)あらすじ

★藤川は冴島のために
トマトを箱ごと買っている

つわりでトマト以外
食べられないのだ

藤川は文句を言いながらも
嬉しそうだ

★緋山は”友人の話”として
妻のある人を
好きになったら・・と
白石に相談するが

白石は「不倫はダメだよ!」
と大きな声で叫んでしまい
緋山は相談する相手を
間違えたと悔やむのだった

周りの医師や看護師
緋山の相手は誰かと
気になる

★緒方に奥さんがいたことで
ショックを受ける緋山

そんな時、緒方から
頼みたいことがあるから
人のいないところで会いたいと
言われる

どきどきする緋山だったが・・
離婚届けの証人の所に
サインをして欲しい

というお願いだった。


★ヘリ要請が入る
下水道工事中の作業員が
増水で負傷 
救助に向かっている
レスキュー隊も負傷
1人行方不明 とのこと

急いでヘリで現場に向かう
名取はレスキュー隊の倉田の
救助にあたる

白石と雪村は
意識不明の作業員・吉崎を
救命センターに搬送した

★吉崎の治療をしていると
冴島が倒れてしまう

急いで処置室へ運び
緋山が処置を試みるが
残念なことに
赤ちゃんは助からなかった

★一方名取が治療し、
二次救急の病院へ搬送した
レスキュー隊員の倉田の容態が
急変したとの知らせが来た

名取が骨盤骨折を
見落としていたのだ

結果良かったからいいじゃん、
と開き直る名取に

「患者の命を落としたら
終わりだから!
患者に次なんてないから!」

と切れる白石だった

★倉田は元気がない
水の中で吉崎の手を
話してしまったことで
苦しんでいる。

俺が殺した、
と言って食事もとろうとしない

「自分を責めないでください
狭いし、増水もしてたし
全員助けられなくても
誰も責められない」

と名取が言うと

倉田は

「確かにそうだ。
でもレスキューの現場に
条件のいい時なんてない
だから何か起きたとき、
言い訳をしようと思えば
いくらでもできる

でもそんな言い訳をする人に
命を預けたいと思うか?」

と言うのだった。

その言葉にドキッとする名取


スポンサーリンク



感想

★レスキュー隊員・倉田が
助けようとした男性の手を
離してしまった事で
落ち込んで食事もしない
という場面で
倉田が責任感が強い人だと
思いました

でも・・
なんかひっかかるのです

結果、その男性は
意識を取り戻すので
良かったのですが、
命を落とすことだって
あるわけです。

そのたびに
落ち込んで食事を
しなくなってては
レスキュー隊員なんて
勤まらないと思うのです

そんなことされたんでは
周りに迷惑がかかってしまう

落ち込んでないで
早く怪我を治して
1人でも多くの人を
助ける努力を
していくべきだと思います

★緒方は離婚が
決まってましたね

それを聞いて
緋山はどう思ったのでしょう?

この2人、進展はあるのでしょうか?
いやあ・・ない方がいいかな~・・

★冴島の赤ちゃん、
だめでしたね。

藤川の喜びようが
半端じゃなかったので
かわいそうでした。

流産した知り合いが
いつまでもいとおしく
感じると言ってことがあります。

そんなに簡単に
乗り切れるものでは
ないと思います。

早く2人とも
元気になってほしいですね


次回(8月21日・月)予告

冷凍庫内で煮崩れ事故が
発生したとのヘリ要請が入る

冷凍庫の寒さの中
治療に奮闘する藤川達

17歳の男性が
脳死判定を受け
橘は息子・優輔の
移植可能に
期待を寄せる

2017夏ドラマ目次はこちらクリック



nice!(0)  コメント(0) 

運営者情報 [運営者情報]

運営者 りんこ

★平凡な主婦です。

今までは海外ドラマが好きでしたが、
最近、日本のドラマも
面白いと思えるようになってきました。

色々なドラマのあらすじ、感想
どんどん書いていこうと思ってます。

よろしくです♡

スポンサーリンク




ごめん、愛してる 5話 あらすじ サトル婚約 [ドラマ]

2017年7月9日・日 21時より

長瀬智也主演のドラマ

『ごめん、愛してる』が始まりました

韓国で2004年に
放映されたテレビドラマの
リメイク版


毎週1話ずつあらすじ・感想を

書いていきます


 ~~~ キャスト~~~


岡崎律(長瀬智也)
幼いころ母親に捨てられ
不遇な環境で過ごす


三田凛華(吉岡里帆)
日向サトルのスタイリスト
幼馴染のサトルに想いを寄せている

日向麗子(大竹しのぶ)
日向サトルの母 
一流のピアニストだった
サトルを溺愛している


日向サトル(坂口健太郎)
アイドルピアニスト
古沢塔子に想いを寄せている

古沢塔子(大西礼芳)
サックス奏者 
自由奔放に生きる女性


河合若菜(池脇千鶴)
律の幼馴染み
同じ児童養護施設で育った

加賀美修平(六角精児)
フリージャーナリスト
日向麗子を恨んでいる

三田恒夫(中村梅雀)
凛華の父
麗子のマネージャー

drama.PNG

前回(7月30日・日)あらすじ


★凛華は付き人をやめることを
サトルに告げた

サトルを忘れるため
アメリカ行きを決意する

★律は凛華を空港に
送っていくが、

車の中で激しい頭痛に
見舞われる

凛華は若菜の家まで律を
送り届け、介抱する

凛華はアメリカ行きを延期、
若菜の家に滞在することに。

スポンサーリンク


第5話(8月13日・日)あらすじ

★若菜達と花火をしていると
律は鼻血が出て
手足がしびれてきた。
命が残り少ないことを
実感する律だった

しかし、若菜、魚、凛華との
四人での暮らしは
幸せそのものだった


★若菜と凛華が
ホットドッグを売っていると
この前若菜にからんできた男が
仲間を連れてやってきた。

自分の仕切ってる場所だが
若菜が体を触らせてくれてたから
多めに見ていたと言う

これからは勝手に店をするな!と
屋台を滅茶苦茶に潰し、
お金を奪って去っていく

★働き場所がなくなった若菜。
でも若菜は息子の魚のために
働きたいと言う

★サトルは本番前、
緊張している。
いつも本番前に抱きしめたくれた
凛華を思い出していた。

サトルのコンサートに
凛華は聴きに来ていた
終わった後、静かに出て行く

その後、サイン会を
しているサトルを
影からこっそり見ている凛華

その場を立ち去ったが
それに気づいたサトルは
追っかけていって
自販機でジュースを
買ってる凛華に
話しかける。

凛華は1人でアメリカに
行くのが怖かったこと、

今、律達と暮らしてること

などをサトルに話す。

そして若菜を雇って欲しい
とお願いする

★日向家で若菜が
働くことになった。
律は反対するが
若菜は乗り気だ。

若菜を見た麗子は
嫌な顔をするが
サトルに頼まれ、
しぶしぶ若菜を
雇うことにする

★凛華の父・恒夫は
若菜がリュウのことを
律と呼んでるのを聞いて
調べ始める

児童養護施設・
つばめ園に行って
延長に話を聞き、
律は麗子の息子だと確信した

★麗子は指輪
無くなってるのを見て
若菜が犯人だと決め付ける

若菜は取ってないと言うが、
麗子はエプロンを無理やり
脱がせようとする

駆けつける律

「人を見た目で
判断するな!
若菜をここれは
働かされない。

俺もクビにしてくれ!」

と言って若菜を吊れて
去っていった

★その直後、サトルは
部屋の隅に指輪が
落ちてるのを発見した。

若菜の家に
謝りに来るサトル
母を許してやってください

そして律に戻ってくるよう
頼んだ

★日向家に戻る律

「ごめんなさい
指輪は勘違いだった」

と素直に謝る麗子

★サトルと塔子の
婚約パーティーでは
麗子がピアノを弾いた。

「ありがとう。
お母さんは世界一の
ピアニストです」

とサトルは言った

★サトルと塔子は
旅行に出かける

落ち込む凛華の横に
律が座った

「私が落ち込むのは
わかるけど、
どうしてチャン(律)は
元気ないの?」

という凛華に律は
「元気をくれ。抱きしめてくれ」
と頼む。

凛華は「わかったよ」
と言って抱きしめてくれた。

薬を忘れ、取りに帰ったサトルは
2人が抱き合ってるところを
目撃して複雑な気持ちになる


アンケートモニター登録


感想

★残り少ない命なのに
律は麗子に自分が息子だと
名乗らない理由が分かりません

目的は何なのでしょう?
どうしたいのでしょう?

不思議です。

★凛華の父・恒夫は
必死で律のことを
調べてますよね。

以前、
麗子に恋愛感情があったか
凛華に聞かれた時、
ドキッとした表情を
見せてましたが

もしかして、律は
恒夫と麗子の息子?
と思ってしまいました

もしそれが当たってるなら
律と凛華は異母兄弟
ということになりますよね。

だから近づけたくなかったのでは?

ま、あくまで私の推測で
実際は分かりませんが・・


そんでもっと言えば・・
塔子のお父さんは
女性をとっかえひっかえ
してたとのこと。

もしかして、
塔子のお父さんと
サトルのお父さんは同じ・・?
やはり異母兄弟だったりして・・?

サトルは麗子の
実の息子ではないですよね
サトルも何かありそうですね


★恒夫がつばめ園の園長に
話を聞きに行ってましたが

身内でもない人に
ぺらぺらとプライバシーを
しゃべっていいんですかね?

★凛華と律が抱き合ってた時、
サトルは複雑な顔を
してました。

失ったものが大きかったと
分かったのでしょうか?

サトルは本当は
凛華が好きだったのでは?


次回(8月20日・日)予告

麗子の隠し子疑惑が
報道され、
日向家にマスコミが
殺到する

麗子は記者会見で
本当のことを話すことにする

律と凛華が仲良くなっていくのを
恒夫は快く思ってない
「あいつだけはやめとけ!」
と凛華に言うが・・

2017夏ドラマ目次はこちらクリック
nice!(0)  コメント(0) 

錦戸亮 ドラマ 2017 夏 「ウチの夫は・・」 5話 [ドラマ]

2017年7月8日・土 22時より

錦戸亮主演のドラマ

『ウチの夫は仕事ができない』が始まりました

完璧で理想の夫のはずが
実は仕事ができないお荷物社員だった!

夫婦二人三脚で
奮闘するホームドラマ


毎週1話ずつあらすじ・感想を
書いていきます

 ~~~ キャスト~~~

小林司(錦戸亮)
イケメンで高学歴だが
仕事ができずお荷物社員と思われている

小林沙也加(松岡茉優)
司の妻。

小林みどり江口のりこ)
司の姉。
自由奔放な性格

土方俊治(佐藤隆太)
司の会社の上司。チームリーダー

黒川 晶(壇蜜)
色っぽいが男勝りな先輩

田所陽介(藪宏太)
司を馬鹿にする嫌味な後輩

町田あかり(イモトアヤコ)
沙也加のマタ友(産婦人科で知り合った)

drama.PNG



前回(8月5日・土)あらすじ

★みどりは失恋を機に
小林家に居候しはじめる
やりたい放題のみどりに
困り果てる沙也加

一方会社では
老舗文房具メーカー万年筆
高齢者向けに
展開することになった。

しかし、高齢者に万年筆は
人気がなく、
逆に若者に密かに
流行り始めてることを知った司は
若者をターゲットにすることを
提案する


スポンサーリンク



第6話(8月12日・土)あらすじ

★あかりと夫・彦丸が
喧嘩をしているのを
目撃する沙也加

他のマタ友達も夫と
よく喧嘩すると言う

しかし沙也加は司と
喧嘩したことがない。

するとマタ友達に
「本音をさらけ出してないのでは?」
「喧嘩は必要」
「喧嘩したことがない夫婦が
一回でも喧嘩すると
離婚につながるケースが多い」

などと言われ不安になる沙也加

喧嘩するために家事を
放棄しようと計画する

★会社に下請け会社の
オオヌキが来社

イベントが延期になったため
納品ができないが
支払いはすぐにしてほしいと
相談に来たのだ

司は経理の合田(袴田吉彦)に
相談に行くが
ルールでがんじがらめの合田は
納品後60日後の支払い
というルールはルールと
全く聞き入れようとしない。

納品できないのは
うちのイベントの延期が原因。

うちの事情なのだから
なんとかしてほしいと
土方に相談するが

「経理に喧嘩してでも
なんとかしろ」

と言われてしまう

★一方沙也加は
部屋は散らかしっぱなし、
夕食は作らない・・
など家事放棄してみるが
司は全く怒らない。

ニコニコと
カップラーメンを
食べるのだった

★みどりは
トルコ人の元彼に
教えてもらった料理
田所に作ったことが原因で
大喧嘩になり家を飛び出す

真夜中、みどりが小林家を
訪ねてくる
わずか一週間で喧嘩をしたと聞いて
沙也加はどうやったら
喧嘩になるのか
興味津々だ

司が粘菌に水をやるよう
沙也加に依頼するが
沙也加はみどりの話に
集中していた

司が家に帰ると
粘菌がダメになっていた。

司はショックを受け
沙也加に怒鳴ってしまう
「ちゃんと聞いてなかったのか?!」
「全然悪いと思ってないだろ?!」

「そんなにすごいことなの?」

「もういいよ~!!」

★次の日、司は反省するが・・
運悪く、会社でトラブルが起き、
家に帰れなくなってしまう。

今日は帰らない、
というメールをもらった沙也加は
相当怒ってるのだと
心配になる

★その次の日、司は家に帰るが
沙也加が怒ってると思い、
なかなか顔を合わせられない。

沙也加も仲直りのきっかけが
つかめなくて困っている

口もきかないまま、
司がお風呂に入ると
停電になってしまった。

この停電のおかげで、
言葉を交わす2人
ろうそくをつけ・・

司が粘菌のことで怒った事を謝り、
沙也加もお弁当を
作らなかったことを謝る

意外と仲直りって
簡単だね・・
2人は笑いあった

heart.PNG

★次の日、会社で
司は経理の合田に
「喧嘩しに来ました」
と切り出す

合田はそれでも動じない

司は
「ここで何とかならないなら
常務に直談判に行きます」

と言い出す

「人事に影響するよ」
という合田に

「僕のことは
どうでもいいです
1つの会社の存続の方が
大事です」

と言う司だった。

★そして常務を待ち伏せして
「われわれの事情で
小さな会社が潰れるかも
知れないんです。
お願いします!」

と必死にお願いした。

しばらくして、
常務から許可が
おりたとの知らせが
土方から届いたのだった。


アンケートモニター登録

感想

★司と沙也加は喧嘩しますが
司は全然迫力なかったです
やっぱり優しい司でしたね。

あれぐらいでは喧嘩って
感じではないです。

うちの夫婦喧嘩は
あんなもんじゃないですから(笑)

もっと陰険だし
ドスの聞いた怒鳴り声だし・・

司はかわいすぎる。

★みどりは喧嘩して
やっぱり小林家に
飛び込んできましたね。
しかも真夜中に・・

そうなると思いました。

アクの強い二人ですから
喧嘩しないわけがない。

迷惑な姉です。

司は今のうちに
はっきり断ったほうが
いいと思います。

★合田は見てて
腹が立ちました。

常務も絶対首を
立てに振らない人だと
周りの人が言ってましたが
あっさり判子をくれましたね。

おそらく、
直談判をしようとする人が
今までいなかっただけなのでは?
と思います

★夫は仕事ができない
と言う言葉が頻繁に出てきますが、
今までのストーリーを見てると
司のおかげで
うまくいってるケースばかりですやん。

そろそろ周りも
司の能力を
認めたらいいのに・・

一度レッテルを貼られると
なかなかはがせないようですね


次回(8月19日・土)予告

司の父・辰男(升毅)が
登場するようです。

辰男は子供の名前を
勝手に決めたり
司の仕事ぶりを
チェックしたり・・

困惑する沙也加と司


2017夏ドラマ目次はこちらクリック



nice!(0)  コメント(0) 

黒革の手帖 あらすじ ドラマ 4話 [ドラマ]

2017年7月20日・木 21時より

武井咲主演

『黒革の手帳』が始まりました

不朽の名作『黒革の手帖』で
松本清張の長編小説


真面目な派遣銀行員が
一億8千万円を横領し、
銀座のクラブのママに転身した悪女を
武井咲が演じます

drama.PNG


毎週1話ずつあらすじ・感想を

書いていきます


 ~~~ キャスト~~~

原口元子(武井咲)
東林銀行の元派遣銀行員。
銀行のお金を横領し、
銀座にクラブをオープンさせる

安島富夫( 江口洋介)
衆議院議員秘書

山田波子( 仲里依紗)
東林銀行世田谷北支店で
派遣社員として勤務
元子に誘われホステスになる

村井 亨(滝藤賢一)
東林銀行世田谷北支店の次長

牧野(和田正人)
元子が通う銀座の美容室の
“オネエ”店長。

岩村叡子(真矢ミキ)
元子が働いていたクラブ『燭台』のママ

橋田常雄(高嶋政伸)
大手予備校『上星ゼミナール』の理事長
巨額の利益を借名口座に預金している

中岡市子(高畑淳子)
楢林クリニックの看護師長で
院長である楢林の愛人

楢林謙治 (奥田瑛二)
楢林クリニック院長
コツコツ裏金を貯めて成り上がった

長谷川庄治(伊東四朗)
政財界の黒幕
安島の父親代わりの後援者

黒.PNG

前回(8月3日・木)あらすじ

​波子はカルネに乗り込んでくるが
ボーイに追い出される

波子は東林銀行の
元次長の村井に会い、
元子が何をしたのか
聞き出そうとする

クラブカルネに村井が
やってきた

村井は元子を悪党呼ばわりし
ネクタイで元子の首を絞めるが
安島が現れて助けてくれた

★オネエ美容師から
高級クラブ「ルダン」が
売りに出されることを聞いた元子は
それを手に入れるため、
星上ゼミナールの理事長・
橋田を脅そうとたくらむ

スポンサーリンク



第4話(8月10日・木)あらすじ

★高級クラブ「ルダン」が
売りに出されると聞いた元子は
どうしてもルダンを
手に入れようと考え始める

3億が売値。
カルネが1億としたら
あと二億必要だ

★次の獲物は
星上ゼミナールの橋田理事長だ

そんな時、橋田から
一泊の温泉旅行に誘われる

橋田はわざと
安島のいる前で
元子と個室露天風呂付きの
部屋に泊まるという話を始める

橋田は安島と元子の仲を
疑っており嫉妬してるのだ

元子が困っていると
政財界のフィクサー・
長谷川が現れる

長谷川の顔を見たとたん
橋田は逃げようとするが
一緒に飲もうと誘われ
しぶしぶ席に着く

★長谷川は「梅村」
という料亭を売りたいと
女将に頼まれ
買い手を探しており、
橋田に買ったらどうかと
勧めているのだ

乗り気でない橋田だったが
「裏口入学で儲けてるのを
知っているぞ」と
半分脅しのようなことを
長谷川に言われ、困惑している

★安島は新しく
選挙応援事務所を
構えることにした

また、堂林グループの娘・堂林京子と
いわゆる”政略結婚”を
することにした

その婚約者・京子と
「梅村」で会っていると
橋田と元子が梅村を
見にやってきて
鉢合わせてしまった

★橋田と2人きりで
食事する元子
途中で橋田は
「具合が悪そうだから
寝たほうがいい」
と元子を布団が敷いてある部屋に
無理やり連れて行こうとする

逃げようとする元子を
仲居の島崎すみ江(内藤理沙)が
裏口から逃がしてくれた

★後日、すみ江がカルネに
やってくる
梅村が売却されたら
雇ってほしいと言うのだ

元子はすみ江を
利用することにする

★梅村で長谷川と橋田の
話を盗み聞きするよう
依頼を受けたすみ江

梅村は1億5千万円が
売値だという長谷川

2億なのでは?

表が1億5千万、
裏が5千万だと
お互い税金が安くなる

振込み1億5千万
現金5千万

などという話をしており
それを元子に報告

★すみ江はカルネで
働くことになった

橋田は元子がなかなか
旅行に行こうとしないことに
腹を立て、
部屋に弁当を届けに来いと
命令口調で言ってきた

元子は自分の代わりに
すみ江に弁当を持っていかせる

すみ江は橋田がシャワー
浴びてるスキに
「裏口入学紹介リスト」情報を
パソコンから盗み出し
元子に渡す

元子はそれを使って
大金を奪う計画を
立て始めた

アンケートモニター登録


感想

★なんかどきどきしますね。
元子が悪女だと分かってるのに
なぜか応援してる自分がいる

いかんいかん!
この人は悪いことしてるんだ!
と言い聞かせるのですが
なぜか応援してしまうのです。

主人公というのも
あるのでしょうが
もう1つは、相手も
悪いことしてるから
いいんじゃないのって
思ってしまうからだと
思います

銀行の上司の村井も
星上ゼミナールの橋田も
楢林クリニックの楢林も
不正をして巨額の富を
築いてきたわけです。

この人達が元子に
お金を奪われて
うろたえる姿を見ても
同情する気持ちが
沸かないですよね

でも元子が
成功して終わりってのも
絶対ありえない

どうなるのか、
気になって仕方ありません

★橋田(高嶋政伸)の
髪型、気持ち悪いです
なんとかなりません?
思いきりやらしげな
おっさんじゃないですか(笑)

★この回は波子は
あまり登場しませんでした。
波子の逆襲が一番怖いです

いずれにしても元子は
敵を作りすぎですね。
1人で暴走してる感じで怖い
仲間も作ったほうが
いいと想いますけどね~

次回(8月17日・木)予告

橋田の裏口入学紹介リストを
手に入れた元子は
それを使って橋田を脅し
高級クラブ「ルダン」を
手に入れようと考える

黒革の手帳 第5話あらすじ・感想こちらクリック

2017夏ドラマ目次はこちらクリック





nice!(0)  コメント(0) 

2017 ドラマ 4月  あらすじ・感想の目次(小さな巨人他) [ドラマ]

2017年4月より

スタートしたドラマのうち、
下記の5作の
あらすじ・感想を
毎週書いていきます

春ドラマ.PNG

マッサージ探偵ジョー

②母になる

③人は見た目が100%

④小さな巨人


⑤貴族探偵


~~~~~~~~~~~~~


①マッサージ探偵ジョー

中丸雄一主演

マッサージ師が
仕事先で
事件を解決していく
一応サスペンスドラマ

マッサージ探偵・第1話 あらすじ・感想こちらクリック


⇒マッサージ探偵・第2話 あらすじ・感想こちらクリック

⇒マッサージ探偵・第3話 あらすじ・感想こちらクリック

⇒マッサージ探偵・第4話あらすじ・感想こちらクリック


マッサージ探偵・第5話あらすじ・感想こちらクリック


⇒マッサージ探偵・第6話あらすじ・感想はこちらクリック


⇒マッサージ探偵・第7話 あらすじ・感想はこちらクリック

⇒マッサージ探偵・第8話あらすじ・感想はこちらクリック

⇒マッサージ探偵・第9話あらすじ・感想こちらクリック


⇒マッサージ探偵 第10話あらすじ・感想こちらクリック

⇒マッサージ探偵第11話 あらすじ・感想こちらクリック


⇒マッサージ探偵最終回あらすじ・感想こちらクリック


②母になる

沢尻エリカ主演


誘拐事件に直面した家族を通して、
3人の女性たちが
本当の母になるまでを
描くヒューマンドラマ。


母になる・第1話あらすじ・感想こちらクリック


⇒母になる・第2話あらすじ・感想こちらクリック


⇒母になる・第3話あらすじ・感想こちらクリック

⇒母になる・第4話あらすじ・感想こちらクリック


母になる・第5話あらすじ・感想こちらクリック


⇒母になる・第6話 あらすじ・感想こちらクリック


⇒母になる・第7話あらすじ・感想こちらクリック


⇒母になる・第8話あらすじ・感想はこちらクリック


⇒母になる・第9話あらすじ・感想はこちらクリック


⇒母になる・最終回 あらすじ・感想はこちらクリック


アンケートモニター登録




③人は見た目が100%

桐谷美玲主演

地味な女子が美容に挑戦する
お笑い系ドラマ

⇒人は見た目・第1話あらすじ・感想はこちらクリック

⇒人は見た目・第2話あらすじ・感想はこちらクリック

⇒人は見た目・第3話あらすじ・感想はこちらクリック

⇒人は見た目・第4話あらすじ・感想はこちらクリック

⇒人は見た目・第5話あらすじ・感想こちらクリック


⇒人は見た目・第6話あらすじ・感想こちらクリック


⇒人は見た目・第7話あらすじ・感想こちらクリック

⇒人は見た目・第8話あらすじ・感想こちらクリック


⇒人は見た目・第9話あらすじ・感想こちらクリック


⇒人は見た目・最終回あらすじ・感想こちらクリック

スポンサーリンク





④小さな巨人

長谷川博己主演

警視庁と所轄の確執、
警察内部の戦いを描いた
エンターテインメントドラマ

⇒小さな巨人・第1話 あらすじ・感想こちらクリック


⇒小さな巨人・第2話 あらすじ・感想こちらクリック

⇒小さな巨人・第3話 あらすじ・感想こちらクリック

⇒小さな巨人・第4話 あらすじ・感想こちらクリック

⇒小さな巨人・第5話あらすじ・感想こちらクリック


⇒小さな巨人・第6話 あらすじ・感想こちらクリック

⇒小さな巨人・第7話あらすじ・感想こちらクリック


⇒小さな巨人・第8話あらすじ・感想こちらクリック


⇒小さな巨人・第9話あらすじ・感想はこちらクリック   


⇒小さな巨人・最終回あらすじ・感想はこちらクリック



⑤貴族探偵

相葉雅紀主演

主人公は
自分では推理せずに
謎を解く(?)という
変わったミステリードラマ


⇒貴族探偵・第1話 あらすじ・感想はこちらクリック


⇒貴族探偵・第2話 あらすじ・感想はこちらクリック


⇒貴族探偵・第3話 あらすじ・感想はこちらクリック


⇒貴族探偵・第4話 あらすじ・感想はこちらクリック

⇒貴族探偵・第5話 あらすじ・感想はこちらクリック

⇒貴族探偵・第6話 あらすじ・感想はこちらクリック


⇒貴族探偵・第7話あらすじ・感想はこちらクリック


⇒貴族探偵・第8話あらすじ・感想はこちらクリック


⇒貴族探偵・第9話あらすじ・感想こちらクリック


⇒貴族探偵 10話あらすじ・感想こちらクリック


⇒貴族探偵 最終回あらすじ・感想こちらクリック
前の10件 | -